== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 日記 ==

愛国心

朝日新聞のわたしの教育再生という記事、今日はピーター・フランクルさんでした。教育基本法改正の問題でもやもやしていたので、この記事を読んで少し心が晴れるような気持ちがしました。以下に引用します。

 愛国も国粋も、自分の国を愛する気持ちは一緒だけど、愛国主義者は、自分の主観的気持ちだと認めている。でも、国粋主義者は客観的だと思っている。いつも外にスケープゴートを探して、何かをやり玉に挙げる。日本はいいけれども他の国は悪いとか、都合の良い比較になっている。
 自分のお母さんを愛しているのは自分のお母さんだから。世界で一番料理がうまくて、美しくて、賢いからではない。国についても、母なる国、母国、そういう愛の気持ちは大切。
 日本には優しい人、美しい場所、すばらしい文化がたくさんある。そういうことを子どもたちに感じさせるように校外活動を増やせばいい。国を愛しなさいとか、毎朝君が代を斉唱しなさいとか、強制的なやり方ではなくてね。




愛国心はとても大切だけど、法律に定められるべきことなのかな。それによって政府は何を得ようとしているのだろう、と疑ってしまう。

人気blogランキングです。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 18:32:19 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

我が家も朝日新聞で、この記事読みました!『国家の品格』の藤原先生の言うことと同じくらい納得してしまいました!!
こういう考えの人が教育再生諮問会議のメンバーになってくれてるといいのにな~
モエさん
国家の品格は読んでいないのですが、藤原正彦さんが今日フジテレビの特ダネに出演されているのを拝見しました。

みんな仲良くする必要はないけれど、最低限自分より弱いものをいじめてはならないことを教えるべきだ、とか、感動して見せることが大切、ということをおっしゃっていてその通りだなあと思いました。

教育って本当に重要で難しい問題ですね。





        
 

== Trackback ==

http://monpou21.blog72.fc2.com/tb.php/74-f6e9c5db
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。